産科受診について

産科外来の受診方法

初診の方へ

原則として、紹介状(診療情報提供書)と事前予約(紹介元医師からのFAXまたは患者様からのお電話)の両方が必要です。
例外として、当院での分娩を希望される妊娠12週までの方は、紹介状は必要ありません。ただし、12週までの方でも他院を受診した方は、紹介状をお持ち下さい。妊娠の経過を正確に診断するために、他院での情報を参考にいたします。また、紹介状があれば電話予約がお取りいただけます。

再診の方へ

当院の再診は、原則として予約診療とさせていただきます。当院での診療後、妊娠経過が安定した患者さまには他の医療機関で妊婦健診をお受けいただくことも可能です(セミオープンシステム)。

外来の受付

外来の受付

初診

午前8時30分~午前11時までに1階総合受付で手続きをしてください。続いて、3階の産婦人科外来受付にて受付票と診察券を出してお待ちください。

再診

午前8時~予約時間の前までに自動再来機で受付して下さい。続いて、3階の産婦人科外来受付にて受付票と診察券を出してお待ちください。

妊婦健診時の持ち物

診療情報提供書、母子手帳、妊婦健康診査受診票、お薬手帳がお手元にあるかたはご持参ください。

分娩予約について

当院での出産は予約制になっており、受診時に同意書をお渡しし提出していたいた上で分娩予約をお取りします。

* 32週までに予約をお願いしています。
* お電話での予約は受け付けておりません。
* 妊婦健診のみの受診の方はお受けできません。
* 当院で対応できない場合など予約をお受けできないこともありますのでご了承ください。
* かかりつけ医がある場合は、診療情報提供用紙を初診時にご持参ください。

産科外来について

医師外来

医師外来

当院はセミオープンシステムを取り入れています。セミオープンシステムとは、合併症のない方が妊娠初期に当院の分娩予約後、他院で健診を受けられるシステムです。当院へは32-34頃週までに戻って頂き、そこから出産までは当院での健診となります。医師外来時は助産師による保健指導を妊婦相談室にて行っています。

助産師外来

助産師外来

助産師が行う妊婦健診です。順調に経過している妊婦さんは助産師外来で安産を目指す心と身体の準備として、日常生活上の注意点についてお話します。助産師外来受診の場合でも、助産師の判断により医師の診察をおすすめすることがあります。

妊婦相談室

妊婦相談室

妊娠中の体調管理や出産・母乳育児に関する疑問や不安などあらゆる相談に応じています。